自分らしく生きて行くための心のペースメーカー

本当に嫌なニュースが多い今日この頃。
そもそも、ニュースがどれだけ現実を映し出しているのかはわかりませんが、
世間が醸し出す雰囲気に飲み込まれずに、
心の状態や生活に向き合う姿勢そのものは、
きちんと自分自身でメンテ&コントロールしていきたいですよね。

そんなことをつらつらと考えながら、今日も手まりをサクサクかがっていたら、
こんなご時世だからこそ、手まりが役に立つんだよね、なんて思いがあふれ出てきたので、ブログに書き留めておこうと思います。

なんというか、手まりを作る作業って、心のペースメーカーとしていいというか、
すごく感情のバランスをとるのに役に立つんです。

手まりを作る過程を分解すると、
その日の気分に沿って色を選ぶという、すごく個人的でひそやかな楽しさと、
その色(糸)を幾重にも淡々と重ねていくという静かな時間。
そして、その先にある、完成、創造という小さな達成感。

楽しさと静けさと達成感という感情の小さな起伏がバランスよく含まれているからか、
飽きることも疲れることもなく創造する作業に没頭できてしまう。
するとどうなるかというと、外の世界から頭の中をいい具合にOFFすることができるんです。

だからこそ、世の中がざわついているときや、
自分ではどうしようもない事態に直面しているとき、
心が休まらないときに、手まはぴったりだと思うのです。

気持ちが疲れてしまったり、怒りに満ち溢れているときって、
心がどこかに偏ってしまっている、
つまりバランスがくずれてしまっていることが多いですよね。
そんなときに手まりを作ることで、
アンバランスになった気持ちを、楽しさや、静けさ、そして達成感によって
ちょっとちょっと刺激して、少しずつ中庸にもってきてくれる、そんな気がするのです。

気持ちのバランスが戻ったからって、現実は変わらないですって?

はい。変わりません(笑)。

でも、周りに気持ちを振り回されたままでいるのか、
本来の自分を取り戻して自分のペースで生きるのかでは、
見えてくる世界は全く違うものになると思いませんか?

ちょっと今日は概念的なことをお伝えしてしまいましたが、
どんなときでも自分らしく生きていくために、手まりと言う手段もあるんだよ、
なんてことを知っていただけたらと書いてみました。

手まりについて、もっともっとお伝えしたいことがあるので、
また折を見て、ブログにアップしていけたらと思います。